大島石の墓石加工

こんにちは。

朝は小春日和でしたが、午後になり曇り空から雨になりそうな後山です。

今日は二十四節気の一つ、『穀雨』です。

柔らかな春の雨が田畑を潤し、全ての穀物(百穀)の生長を助ける時季とされ、農家にとっては種蒔きの適期となります。

いよいよ農作業が忙しくなる頃ですね。

工場では墓石加工が大詰めです。

DSC_0147

 

 

 

 

 

セリ矢を使い下台の納骨場所を切り落とします。

DSC_0148

 

 

 

 

 

 

セリ矢を少しずつ打ち込んでいくとヒビが入り、

どれだけ大きな原石も切り離すことが出来ます。

先人の智慧はすごいです。

DSC_0150

 

 

 

 

 

DSC_0152

 

 

 

 

 

DSC_0156

切り離した部分です。

 

 

 

切り落とした部分は水鉢に加工します。

DSC_0157

 

 

 

 

 

 

 

 

上台の水垂れ作成

磨き加工で石の美しさが際だちます。

 

 

 

ちなみに、こちらが原石です。⇓

DSC_0138

 

 

 

 

 

 

原石からひとつひとつ加工し、

下台、上台、竿石、水鉢が出来上がりました。

花立を作成して、文字彫作業です。

いよいよ完成真近です。

完成したらブログ更新します(^O^)/

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です